2006年05月07日

食道癌闘病記録

2006年5月7日(日) 食事のリハビリに大奮闘

食事のリハビリでまた新たな発見があった。  私の場合、空腹という感覚がないだけでなく、そういえば満腹感もない。・・・というのも、胃がいっぱいになって許容範囲を超えてしまうと、かつて食道だった胃の延長部分から喉にまで食べたものが上がってきて、要は食べた物が逆流してしまう。 それをもう一度飲み込んでも、また上がってきて動悸がして苦しいので、結局吐き出すことになる。 その時に異物反射で咳が出ると、今度は逆流してきた食べ物が気管に入って更に事態が悪化し、激しく咳き込んで呼吸困難になってしまう。 昨日はそれで死ぬほど苦しんだ。 食事に慣れてきて、ちょっと油断してしまったのだ。1回の食事に食べられる量をしっかり把握して、極力ゆっくり食べることと、食べる時には食べる事に集中する必要がある。 



posted by さっちゃん at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 手術後2ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック