2006年05月12日

食道癌闘病記録

2006年5月12日(金) これからのこと

個人差や仕事の内容にもよるが、手術後順調なら3ヶ月くらいで社会復帰できると病院か何かの資料に書いてあった。 仕事は徐々にやるとしても、四万十川に帰る為には、もう少し体力をつけて、右腕をリハビリする必要がある。 
ここ東京から四万十川YHまでの、長時間に渡る列車や飛行機やバスなどの移動も、今の私にはまだ辛い。 
・・・・・ていうか、本当のところ、すっかり痩せて猫背になってしまったみっともない私の容姿を、あまり人目にさらしたくないというのが実は本音なのだ。 もう少し背筋を伸ばせないだろうか・・・ 盛り上がった傷口をかばう様に丸くなった背中を無理矢理伸ばそうとして、痛みで顔をしかめる。
大幸先生に聞いてみたところ、あとは自分の問題だと言われてしまった。 それもそうだ。
私も一人前に贅沢な悩みを言える様になったものだ。 



posted by さっちゃん at 21:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 手術後2ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだそうだー。俺なんか学校行くのに自転車通学だよー。雨にも負けず風にも負けずそして雪にも負けないって言っても静岡は雪なんてめったに降らないから雪合戦とか鎌倉作ったりとかできないからなー。
Posted by 精霊飛蝗 at 2006年05月13日 09:10
僕らの住んでいる愛知県から四万十川も夜行バスと鉄道、そしてまたバスを乗り継いでやっと着いた。ほんと遠かったもんな。でも、さっちゃんのいる四万十川が最高だよ。がんばって。
Posted by ダンくん&ひろ at 2006年05月13日 20:02
大丈夫。
皆、今の、ありのままのさちよさんを受け入れてくれる。
自信を持って下さい。
待っていてくれる仲間が大勢いるのは、ホント素晴らしい事です。
徐々に、徐々に、ね!
Posted by トミー at 2006年05月13日 21:09
『ねだるな!勝ち取れ!さすればあたえられん!』
Posted by  ザッキィ at 2006年05月14日 15:25
はじめまして。私の父も、3/10にさっちゃんと同じ東病院で、食道癌の手術を受け、術後、6階B病棟に入院していました。毎日付き添っていた母が、一度お会いし、お話したことがとがあるそうです。3日も後に手術したのに、父よりも元気だったと、とても驚いていました。そして、がんばってる姿にとても勇気づけられたそうです。退院後の父も、やはり日によって体調がまちまちで、食事のペースにも一苦労しています。あせらず、ゆっくり自分の生活リズムをつかんでいけると良いですね。
Posted by しーたん at 2006年05月17日 09:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック