2007年06月06日

食道癌闘病記録

2007年6月6日 針灸治療

手術の傷跡は特に右の脇腹から胸にかけてと、お腹の胸骨下から臍にかけて、首の3箇所だが体を動かす度に引きつれた感覚がある。右の肋骨は、まだ切れていて右腕は真っ直ぐ上に上がらない。右肩は四十肩で痛みが著しかったが、最近はその痛みが左肩に移ってきた。その為、寝返りが出来にくくなっていた。偏頭痛も時々出る。食事の通りが悪くて栄養が回らず、下痢しやすい。その為低血糖になりやすい。寝ると胃液が逆流して喉がヒリヒリ痛くなる。

評判の良い針灸治療院が近くにあって、手術の後遺症の痛みや四十肩も治るというので試しに予約を入れて、昨日行ってきた。

30代〜40代位の男の先生と女の助手の鍼灸師が二人で治療してくれて、親切丁寧な対応、明快な説明で良い第1印象だった。初診だったので、しっかり2時間もかけてくれて、私の体の反応を見ながら丁寧に施術してくれた。頭部、目の回り、両足のツボ、背中の右半身を中心に十数本針を刺した後、背中に温灸、両手両腕にお灸をした。最後に背中に置き針をして治療が終わった。

針灸治療を受けたら肩の高さまでしか上がらなかった右腕が頭の上まで真っ直ぐ上がった!
しかも痛くない。脇腹の傷跡の引きつれた感覚は相変わらずあるが、これは仕方ないにしても、右腕を真っ直ぐ挙手出来たのは手術後初めての事!これはスゴイことだ!偏頭痛もすっかり無くなって目が覚めたような感覚になった。胃液を抑えて小腸の働きを良くしてくれたとの事で、
帰って夕食後、ガスが沢山出た。寝る際に胃液の逆流がほとんど感じられなかった。翌朝、朝一番で排便があり、体が軽く姿勢も良くなっていた。

あまりの変化にびっくり! 針灸がこんなに効果あるとは・・・良い針灸院に出会えてヨカッタ。
1週間後に2回目の治療を予約した。


posted by さっちゃん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | さっちゃん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-11 08:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。