2007年06月29日

食道癌闘病記録

2007年6月29日 今回最後の針灸治療

6月6日〜週1で4回通った針灸治療も、もうすぐ高知帰る為、昨日で一旦切り上げることにした。 針灸治療のお陰で食欲が出るようになって体重が2,5kg増えたし、体力も随分ついた。
まだ左側の四十肩の痛みが強いので不安は残るが、温灸のやり方とツボを教えて貰ったので自分で出来るし、メールのやりとりで帰ってからも色々相談にのって下さるそうなのでひとまず安心。それにしても、第1印象が30代後半か40代前半で私よりも年下に見えた針灸の先生が、聞いたらナント!54歳だそうで超ビックリ! 肌の色つやが良く、シワも無いからすごく若く見えたのだが・・・・・。若さを保つツボでもあるのだろうか・・・・・今回は聞きそびれてしまったので、次回の時には是非聞いてみたい。


posted by さっちゃん at 10:37| Comment(10) | TrackBack(1) | さっちゃん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
大幸先生のお名前で検索したら、こちらがヒットしたのでやって参りました〜。

父が食道がんで、まもなく大幸先生のオペを受けます。

1番の不安は術後の経過、食事についてです。
ブログを拝見して、とっても勇気が出ました!

また遊びに来ますので、よろしくお願いします☆
Posted by れいら at 2007年07月11日 22:41
 始めまして。当方、本業が鍼灸師です。
 4年前、膵臓に浸潤したステージVbの悪性で進行性の手遅れ状態の胃ガンで開腹手術を受け、現在に至っています。
 治療は、開腹手術前より鍼灸治療・UCL大学医学部教授が開発した健食を使用。私の病状に劇的に効いた為、現在も使用しており、退院後は独自の治療法で主治医の『9ヶ月持てばオンの字』と言う診断を覆し、現在丸4年目。3年目の夏から極真空手も習い、55歳と言う高齢者?の割に、5月の審査で昇級(飛び級)した変な親父です。
 当方のHPの[院長の独り言]に、闘病記の一部を載せてます。新聞の掲載記事に、私の事が紹介された記事も載せてます。
 病には負けず、頑張りましょう!!
Posted by 近藤 康洋(こうよう…本名・隆夫) at 2007年08月18日 17:59
れいらさんへ
コメントありがとうございます。大幸先生が執刀医なら絶対大丈夫!良い先生にご縁があって、お互いヨカッタですねー!
これからも色々情報交換しましょう!是非メールくださいね!待ってまーす!
Posted by さっちゃん at 2007年08月19日 07:58
近藤康洋さん、コメントありがとうございます。HP是非拝見させて頂きたく、クリックしましたが、「リスエストされたページが見つかりません。」というエラーメッセージが出て見ることが出来ませんでした。お名前で検索してもそれらしいものにヒットしません。お手数かけますが、もう一度教えてください! お願いしまーす!
Posted by さっちゃん at 2007年08月19日 08:18
HPアドレスを書いて無かったですね。申し訳ないです。
ヤフーでもグーグルでも、
   新居浜  近藤鍼灸院
読み…にいはま こんどうしんきゅういん
で、トップページで呼び出せる筈です。
又、呼び出せ無かったら、連絡下さい。
Posted by 康洋 at 2007年08月19日 12:43
さっちゃん、当方HP&[院長の独り言]を見られたら、この項か当方Eメール返事を頂けたら幸いかと思います。
 余禄ですが、昨年1月に逝った親父は大川村出身で、現在も私の名で[ふるさと村]村民事業に参加させて貰ってます。
 で話は変わりますが、れいら様その後の様子は如何なものでしょうか?
Posted by 康洋 at 2007年08月23日 01:32
康洋さん、「院長の独り言」から投稿しようとしましたが、エラーが出てしまい、出来ませんでした。Eメールの入り方も判りません。すみません。投稿しようとした内容をここに記しますね。
「色々な病院、医師があるものですね。良い病院、良い医療スタッフに巡り会えないと大変ですね。私も実は元看護師の端くれです。病院選びには色々調べて結構慎重にしました。その甲斐あってか、初診に選んだ柏の国立がんセンターは大当たりでした。患者側も利口にならないととんでもないことになりかねないので、お互い気をつけないといけませんね」
Posted by さっちゃん at 2007年08月23日 09:10
[院長の独り言]では済みません。余にも悪戯書きが多くて、真面目な投稿の処理よりも悪戯の後処理に手間が掛かり過ぎる為、書き込み中止にしてます。Eメールは、HPの最後に青文字でアドレスが書かれてますから、クリックすると自動的に繫がります。
 良い病院なりが見つけるには一苦労でした。私の場合、甲状腺機能減退症からくる粘液水腫で水太りしてますから、今でも黙って医師の前で倦怠感を訴えると、「痩せたら楽に成れる」と言いますから、35年前の医師と何ら変わった事は言わない。
 私の場合、素人ばかりか医療関係者にも私の不定愁訴が理解され無かったから、これ以上の不幸は無かったように思いますが、今迄の苦労と現在の仕事柄、正当な訴えは協力してくれる医師が多く成ったから、当方に来る患者さん達には逆に好評と成っているようです。
 名古屋大学附属病院では最近、深津博医師が医療コンシェルジュと言うNPO組織を立ち上げ、頑張っているようです。私のツッコミにも、当HPを見て返事を下さった位だから、ボチボチと良く成ると期待しています。
 今、[院長の独り言]は工事中ですが、何れ続きは書く予定です。Eメールは koyo-89@serio.jp です。
 でも考えてみると、さっちゃん…と呼ばせて頂きますが、やはり正当な医療関連の国家資格を持って仕事をしてた方が、比較的、正確で良い情報を集め易いと思いました。
 また、迷える患者さん達の為にも、こう言ったブログは必要と思います。頑張ってください。又、お邪魔致します。
 
Posted by 康洋 at 2007年08月23日 13:57
大幸Drを検索してここに来ました。小生も昨年5月に大幸チーム(他のDrもまったく同じ)で食道摘出。大幸Drが「まっさんは、術後まれにみる順調」と言う意味がよく分かりました。さっちゃんは大変だったですね。小生、下咽頭にもがんがあり、こちらは三梨Drでさっちゃんにも登場してましたね。自己紹介が遅れました、生まれは四万十から四国山地を越えた広島県は因島です。現在は埼玉県は三郷の在です。3年程まえに家内と帰省ついでに、高知空港経由で今治まで観光したのですが四万十方面は行けませんでした、今度帰省する時は立ち寄りますね。
Posted by まっさん at 2007年08月24日 15:33
まっさんへ
大幸先生を通じてブログの中で同じ食道癌手術を受けた仲間と交信出来るのは、とっても嬉しいです! 私の場合は心配事があったり、精神的に辛いと特に食事の通りが悪くなるので、なかなか体重が増えません。まっさんはどうですか? 術後の不自由さには慣れましたが、色々とお話がしたいです。下のアドレスへ是非直接メール下さい。よろしくお願いシマース!
shimanto@palette.plala.or.jp
Posted by さっちゃん at 2007年08月25日 07:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-06-30 16:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。